【9-nine-シリーズ】9-nine-そらいろそらうたそらのおと 感想 レビュー

9-nine-そらいろそらうたそらのおと★★★★☆
スポンサーリンク

忘れられないこと、忘れてはいけないこと。

9-nine-シリーズ第二弾、「9-nine- そらいろそらうたそらのおと」の感想をば。
今作のメインヒロインはお待たせしました、妹の天ちゃんです!
このシリーズ大好き。

あらすじ

白巳津川市。

学園都市であること以外になんの特色もない街。
町興しに励むも失敗続きのこの街に、暗雲が立ち込めていた…。

きっかけは大地震だった。
白蛇九十九神社に祀られていた神器が破損し、
並行世界から不思議な装飾品「アーティファクト」が流入した。

アーティファクトは所持者に特殊能力を授ける。
その人知を超えた力を悪用した人体石化事件が発生したのだった。

責任感が強く頼れる主人公「新海翔」は、
正義感の強いしっかり者「九條都」が事件の解決のために動くことを知り協力を申し出る。
そこに天真爛漫な妹の「新海天」も加わり、3人は連続石化事件の調査を始めることとなった。

白巳津川で起こる怪奇事件。秘められた恋心。謎の組織。
今、アーティファクトユーザーの運命と意思が交錯する。

公式サイトより引用

OPムービー

『9-nine-そらいろそらうたそらのおと』OPムービー

ネタバレ無し感想

妙なことが次々に起きて、それを解決しようとするお話の第二弾(続編)。
前作やってるなら、最初からもう引き込まれる。
最初に一応前作のおさらいはある。
異能系。

純粋な続編と言うわけではなく、前作の話も織り交ぜつつ、 新海天をメインヒロインとして話が進んでいく。
前作より厨二感が増してる。

BGMは統一性があって良いけど、前作からの使いまわしが多いので-1ってことで。

続編・ロープラだからと妥協しないで、しっかりこの作品向けにOPを作っている。
前作もそうなんだけど、OP曲・ムービー共にクオリティ高い。

相変わらずサクッと読めて話も面白い。
新海天CV:沢澤砂羽 )が好きになれれば超オススメ。

前作、続編の感想はこちら。


以下ネタバレ有り。

ネタバレ有り感想

幕開けでいきなり妹である天(の存在自体)を忘れてしまう描写が入る。
その後、ひとつだけの選択肢を選んで、過去の話へ。
時系列で言えば、前作の共通√終わったところへ。(ここで言う共通=前作でみゃーこ先輩と結ばれる前までの出来事)

今作より敵組織の名前はリグ・ヴェーダになる。

9_2サンプル画像

味方側はヴァルハラ・ソサエティ…うん。

敵側のフードの女、通称ゴーストちゃんは敵意丸出し。

前作より探してた魔眼持ちであり、複数能力持ちでもある。
ちなみに敵側の司令官も魔眼持ち。(何故その能力を持ってたかは終盤明かされる)

なんだかんだあって、主人公くんゴーストちゃんに襲われてピンチ、石化しかける。
そこをソフィと力を解放(暴走させた?)した天に救われる。
ゴーストちゃんは天の能力で限界まで存在を希薄にされて、いったん消える。
ちなみに天の能力は「対象の存在を薄くして認識阻害させる」というもの。

天は力の反動、暴走でちょっとずつおかしくなっていく。
(反動で自身の存在が希薄になっていく、精神的な幼児方面化、行きつく先は存在の消滅
この辺で、あー、だから妹の天の存在を忘れてしまったのね…と理解できる。

最後はヴァルハラ・ソサエティ団結して魔眼のユーザーであったゴーストちゃんを破って事件は解決。(?)
しかし、主人公の純粋な能力に関してはまたしても分からずじまい。
しかも、真の魔眼のユーザーに関しても謎のまま。

そのまま、今作では今まで中立的立場だった春風先輩も仲間と認め、次作へ。
(あくまでも、天√ではこうなったという扱いであろうが)
もちろん次作はその春風先輩メイン!

エピローグで、まさかの主人公の悪友の与一真犯人フラグ。
与一とソフィ(声だけ)が会話してるのは意外過ぎる。
それ以上に、最後の最後で能力を失ったはずの天が半透明になる演出(次作未プレイ時点)が気になった。
謎が謎を呼び、またしても次作へ。(分かってた)

短い中にも、 天ちゃんいい子なんだなって描写がたくさんあって、新海天というキャラクターを好きになれるなら、十分に楽しめる作品だった。

反面、司令官、ビジュアルと声が合わな過ぎ問題。(声自体はもちろんいいが)
あと、ごくごくほんの一部の音声にプチノイズが乗っている。
今作において、司令官が捨てキャラになってしまっている。
その辺りは残念だったかな、と。

総評

プレイ時間:約8時間オススメ度:★★★★☆

天のお兄ちゃん大好きっていうのは嫌でも伝わるけど、雰囲気的にもしかしたらこの作品だけR18にしないで良かったかも。
大好き=恋愛感情じゃなくて、家族愛に徹しても良かったのかも。

前作に続き、 相変わらず日常会話が面白いのも良かった。
ちなみに 春風先輩は次のヒロインなのに、既にヒロイン力高すぎ。
前作ヒロインのみゃーこ先輩にも活躍の場があり良かった。

このシリーズ、面白いですよー!

詳細・購入

ダウンロード版
パッケージ版


人気記事(累計)

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー
喫茶ステラと死神の蝶 体験版 感想
喫茶ステラと死神の蝶 感想 レビュー
あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜 感想 レビュー【あざらしそふと×SMEEコラボ企画】
どっちのiが好きですか? 感想 レビュー【どっちのiも大好きです】
アイコトバ 感想 レビュー【あざらしそふと+1】
MUSICUS! 体験版 感想【絶望のからあげ】
【DMM GAMES 遊び放題】実際どうなの?全作品の中から25作品ピックアップしてみたよ!
【2019年発売作品】2019年度のおすすめエロゲランキング!
きまぐれテンプテーション 感想 レビュー【お手軽伝奇もの】

挿入画像 DMM GAMES.R18 より引用

コメント