【9-nine-シリーズ】9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ 感想 レビュー

9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ★★★★☆
スポンサーリンク

2つのカタチ、2人のセカイ。

9-nine-シリーズ第三弾「9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ」の感想をば。
このシリーズすっかり好きになったなぁと思う今日この頃。

前作、前々作の感想はこちら。

あらすじ

白巳津川市。

学園都市であること以外になんの特色もない街。

進級してまだ間もない主人公の周りに変化が訪れる。
大地震により、白蛇九十九神社に祀られていた神器が破損し、
並行世界から所有者に特殊能力を授ける装飾品「アーティファクト」が流入した。
その人知を超えた力を悪用した人体石化事件が発生したのだった。

石化事件の犯人が、「魔眼のアーティファクト」の所持者と知った
主人公「新海翔」は、クラスメイトの「九條都」、妹の「新海天」と共に
石化事件の調査と解決に動き始める。

調査の途中で、「リグ・ヴェーダ」と名乗る
アーティファクトユーザーの組織と対立をしてしまう。
そして「リグ・ヴェーダ」のメンバーに、毎朝見かける学園の先輩「香坂春風」の姿が――。

魔眼のユーザーの正体。ソフィーティアの謎。
異能に目覚めた少年少女たちの物語はついに佳境に――。

公式サイトより引用

OPムービー

『9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ』OPムービー

ネタバレ無し感想

今作のヒロインは香坂 春風(CV:渚しろな)

香坂 春風サンプル画像

公式でシリーズどの作品から入っても問題ないと言っているけど、ちょっとそれは同意できない作品。
3作目なのだけど、フルプライス作品で言えばヒロイン3人目のルート、しかも1人目2人目でそれぞれ謎が少しずつ明かされての3人目って感じなので、どうしても不足する情報や、今作から入ると「?」になってしまう部分はある。
なので、やっぱり1作目の「9-nine-ここのつここのかここのいろ」からプレイすることを推奨します。
もしくは、公式に前作と前々作のあらすじムービーが置いてあるので、最低限それを見てからのプレイを推奨。
※何気にこのあらすじムービー、結構面白いのでプレイ済みでも見る価値あり!

で、今作序盤で感じたこと。
ヒロインの春風先輩超かわええ…!
もちろん前作までも登場はしてるけど、あくまでもサブだったわけで、そこまで表情差分とかも無かったわけで。

友達いない、妄想癖ある、性欲強い…そんなのがヒロインで良いんですかね。
良いんですよ!!

今作から表情もころころ変わって、とてーも可愛いです。
ヒロイン単騎なのもあって、当たり前っちゃ当たり前だけど、どういう風に結ばれるのか、きちんと過程も描かれて納得できるだけの理由があって安心。
シナリオも兼ねてのジャンルの一作なので、そういう描写ちゃんとしてくれると素直に買って良かったと思える。

このシリーズ、何が凄いかって…
1作目「みゃーこ先輩最高!サイカワ!」→2作目「妹最高!サイカワ!」→今作「春風先輩パネェっす!サイカワ!」ってなる点ですよねwww

肝心のシナリオは、やはりシリーズ通じてプレイしているか、していないかで当然評価も変わるわけで。
そういう作品形態の宿命ではあると思うんだけど、話自体は今回もとてもまとまっていて良い。
もちろん日常会話の面白さは今回も健在。
尺はロープラ故の短尺なんだけど、起承転結がちゃんとあると言うか、先が気になって読み進めてしまう魅力がある。

異能バトル、悪友、可愛いヒロインズ。
これにピンと来たら買いです!

以下、軽微なネタバレ有り。

ネタバレ有り感想

今作で4人のヒロインとのチームワークと、ソフィとの信頼関係がようやく発展した感があって良い。
この4人+主人公が楽しそうにパーティーしてるの見るとね、やっぱ今までの作品も思い出すわけで。
次作は希亜にスポット当てるからか、希亜も今まで描かれなかった可愛い一面が描かれてる。

逆に、今作から入った人にはそういう感慨深いものは感じられないわけで。
話の内容の説明はあるっちゃあるけど、やっぱりシリーズ通してプレイしていないと本当の意味で楽しめないので、やるなら1作目からを強く推奨します。
その代わり、1作目から順にやれば、右肩上がりに面白くなる。
うん、個人的にはそう強く思う。

ちなみに、今まで「魅了」だと思われていた春風の能力は「妄想を具現化する」能力。
自分が思うようになるように現実を操作するという、かなり強力な力。

しかし、今作での決戦にあたるイーリスとの戦いはちょっと…
いくらなんでも主人公くん、チート能力使い過ぎじゃね?って。
即死級の攻撃受けて死亡→復活の繰り返しって…物語破綻しちゃう。

と思ってたらエピローグで「ああー、そういう設定だったのね」という展開が。
並行世界の観測者という作中設定とはかなりリンクするんだけどね。
ここは好みが分かれそうな展開。

ただ、前2作がエピローグで「新たな謎を残して終わり」だったのが、今作は「ひとつの答えを示して終わり」だったのは良かった。

総評

プレイ時間:約7時間オススメ度:★★★★☆

とりあえず物語は3作目にして佳境へ、春風先輩が可愛すぎで大満足の一作。
加えて、最終作となる「9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと」が本当に楽しみになる一作だった。

毎回OPもめっちゃ良くて、加えて作中の1枚絵のCGもとても綺麗です。
立ち絵もシリーズものってことで差分どんどん増えてて良いです。

前作までプレイ済みの方はもちろん、まだやっていない方も1作目からやるならおすすめです!

詳細・購入

ダウンロード版
パッケージ版



人気記事(累計)

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー
喫茶ステラと死神の蝶 体験版 感想
喫茶ステラと死神の蝶 感想 レビュー
あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜 感想 レビュー【あざらしそふと×SMEEコラボ企画】
どっちのiが好きですか? 感想 レビュー【どっちのiも大好きです】
アイコトバ 感想 レビュー【あざらしそふと+1】
MUSICUS! 体験版 感想【絶望のからあげ】
【DMM GAMES 遊び放題】実際どうなの?全作品の中から25作品ピックアップしてみたよ!
【2019年発売作品】2019年度のおすすめエロゲランキング!
きまぐれテンプテーション 感想 レビュー【お手軽伝奇もの】

挿入画像 DMM GAMES.R18 より引用

コメント