★★★★★

AQUA 感想 レビュー【SORAHANE】

AQUA
距離0メートル、ふたり一番近い場所――

 

今回はSORAHANE処女作「AQUA」の感想です。

 

製品概要

タイトル:AQUA
ブランド:SORAHANE
原画:秋月つかさ / 腹ぺ娘(SD)
シナリオ:ポチくん / 砥石大樹 / 甲二
ジャンル:近未来学園ヒューマンビジュアルノベル
発売日:2011年1月28日

 

処女作と言っても発売は2011年1月作品です。
さて、どうでしょうか。

 

あらすじ

+ クリック or タップで展開

そのとき、僕と千紗との距離は、何メートルだったんだろう。
1メートル? それとも、10メートル?

「そーちゃーん!オレンジジュースでよかったーっ?」
「ち、千紗っ!あぶないっ!」

手を伸ばしたけど、その距離は縮まらなかった。
そしてその距離は

「なにー? きこえな―――――

どんどん遠くなって

「ち……さ…………?」

ついには見えなくなってしまった。

目の前で朱色に染まる千紗。
道ばたをころころと転がる、オレンジジュースの入ったカップ。
しかし僕は、なにもすることができなかった。
近づくこともできなかった。

あの日から僕は、オレンジジュースが飲めない。

西暦2056年――
質量をもったホログラムを生成することができるコンピュータアクアがパソコンに取って代わり8年が過ぎ、アクアが世界中で生活に根付いていた。
月ヶ浜はアクアを制御するルカと呼ばれるアンテナが水平線に立ち、アクア開発研究組織ECReD擁する科学技術都市として発展してきた。

鳴海颯太は母親の智恵と共に、7年ぶりにこの街に戻ってきた。
しかし颯太は、この街に戻ってくるのが嫌だった。

ここに来ると
―――死んだ千紗のことを思い出してしまうから。

柊木なずなとの衝撃的(すぎる?)な出会い。
学園で出会う南凛や月代奈々璃といったクラスメイトたち。

そして颯太は学園で、びしょ濡れ姿の一人の少女と再会する。

「そー……ちゃん?」

僕のことをそう呼ぶ子は、たった1人しかいなかった。
それは"ちさ"と同姓同名の野々宮千紗ではない。
僕が知っている、僕が昔知り合った、僕が死んだと思っていた、野々宮千紗、ただ1人だけだった。

顔立ちも、身長も、そして胸の大きさも違ってた。
でも、その千紗の笑顔が、記憶の"ちさ"と重なった。
それは夢でも幻でもなく、現実として、確かに、そして実際に、ここにあった。
白い制服が濡れ、透けた先に見えるものは、とても神秘的で―――

―――とてもドジっ子だった。

公式サイトより引用


SORAHANE AQUAオープニング主題歌PV


ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版などで公開されている範囲はネタバレでないという認識です

 

近未来感と、現代が混ざり合ってる感じが良い。
デジタルとアナログが良い感じにごっちゃになってるの。

 

キャラの表情も割りところころ変わるし、
メイン・サブ含めて色んな感じがあって面白い。
男性キャラも女性キャラも、サブは割りと多くて色んなタイプがいる。
笑わせる為のキャラだと思ったら、シナリオに深く関わるキャラまで。

 

シナリオに関しては、重いシナリオなんだ、どのルートも。
死生観と言う言葉だけでは片付けられない程に。
そして、メインヒロインはみんなちっぱい
そういうの好きなら、ほんっと刺さると思う。

 

ブランドの処女作だったから、あまり広まらなかったのか。
もったいない、マジで。
ほんと、重い作品プレイしたいなら、おすすめできる。
はっきり言って、割りと全て重くて、重過ぎてお腹一杯になるくらい。
あ、重い=必ずしも泣きではないけど。

 

作品的に問題、もしくは見方によっては長所があるとすると…
個人的に、かもしれないけど、メイン3人よりサブの面々の方が魅力がある
それは本編を読んでみて、各々が感じることでもあるけど。

 

ちなみに今現在はほとんどの方がWin10環境だと思うのだけど、
このゲームは公式でパッチ落とさないとWin10環境では動かないので注意。
私はFANZAでDL版購入したけれど、その時点ではパッチは適用されていなかったので。
公式からパッチ落とせば問題なく動くはず。(責任は持てませんが)

 

CGについて。
全体的にすごく綺麗。
キャラデザは好みが分かれるかもしれない。
背景のCGが多種多様で、丁寧。
力入れてるなって思う。

Slider

 

BGMについて。
音がはっきりしてて綺麗。
粒が揃ってると言うか。
ピアノを使ったBGMは特に綺麗だった。

 

システムについて。
バックログからのジャンプあり。
あまり使わなかったけどシナリオプレイヤーというシステムも実装しており、
下手したら今現在のゲームより快適かも。
ただ、BGMはシーンが切り替わるときにアウトが早いのが気になった。
もう少し余韻が欲しかった感じ。

 

こんな方におすすめ

  • 舞台設定がきちっとしたSF作品が好き。
  • ある程度の長尺シナリオで、儚さもある作品が好き。
  • 泣き特化では無くても、重いシナリオゲー探してる方。

以下、ネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

+ クリック or タップで展開

WIND→(各キャラルート)→LUKASAQUAの三部構成。

 

全体的に各ヒロインの境遇が悲惨。
そういう観点から泣きか?とも思ったし実際泣いたけど、
それだけではない、メッセージ性のある重いシナリオ。

 

以下、個別攻略順。

 

月代 奈々璃(CV:みる)

月代 奈々璃(CV:みる)

脳にECが埋まってる。誰の手で、何のために?
そのせいで体・精神の成長が7年前から止まっている。

 

わざとらしいぐらいに、いじらしい主人公と奈々璃の関係性。
こういう感じの最近見てないから、新鮮だった。

 

距離0メートル ふたり一番近い場所――
これは作品のキャッチコピーだけど、シナリオ中に何度も触れられる表現で。

 

17話「MEMORY」と題されてからの、
「記憶を取るか」「命を取るか」っていうシナリオは重いね…重い。
からの、19話「MEMORIES」は泣いた。

 

根幹の謎と言うか、そういうものは明かされないけど…
例えば、何故奈々璃ECを植えられただとか、
何故主人公の前に現れた千夏がホログラムで消えてしまっただとか。

 

まぁでも、このシナリオ単体で中々まぁどうして心に来るものはあった。
割りと泣きシナリオ。

 

そして、クリア後にはタイトル画面に奈々璃が…
ありきたりになった演出だけど、やっぱいいね。

 

南 凛(CV:桜川未央)

南 凛(CV:桜川未央)

ヒロインの中では一番とっつきやすい子なんじゃないかな。
色々ツンデレテンプレな子だけど、嫌みが無いし良い感じしてる。

 

ラブりんのお料理講座が主人公母のサイトっていうのは笑った。

 

との恋愛模様は臭過ぎてやばい。
周りとの関係含めてヤキモキするけど、そういうテキストだから仕方ないし、良いねって思う。
ゲームならではの恋愛模様を味わわせてくれる良い脚本だと思う。

 

このルートでの父ととの別れは泣けた。
ことあるごとに、父がを愛してる描写があったから。

 

そしてエピローグで止め刺された。こんなの泣く。

 

主人公にとって、プレイヤーにとって、必ずしもハッピーエンドにならない、
安易な奇跡なんて起こらないシナリオ、好きです。
個人的にはこのシナリオが1番刺さって泣いてしまった。

 

野々宮 千紗(CV:雪村とあ)

野々宮 千紗(CV:雪村とあ)

さて、このルートはどう来るかと思ってたら、
ココロ殺してきたか…。
攻略対象じゃないサブヒロインにまで悲しい思いさせるとか、さすがっす。
ただ、デジタル化が進んでるこの作品の世界観的には、
生身の命の尊さを表現するには良かったのかも。

 

プロローグと全く同じ形で千紗を殺しにくるとは思わなかった。
翌日、何故か千紗が何事もなく生き返り、そのままタイトルへ。

 

残念ながら繋ぎの話になっているので、WINDの千紗ルート単体で評価はできない。
クリア後、タイトルが夕方になったのは分かりやすい変化。
この時点でイベントCG49%だから、CG量的には共通~3ルート終わっても半分なんだね。

 

LUKAS

ここでは圭次沙織の過去、なずなとの出会いと別れまでを描く。

 

元研究員たちの過去を軸に話が展開していく。
別に大きなギミックがあるわけではないけど、過去が少しずつ明かされるこの構成は好き。

 

圭次の過去話は少し笑える部分もあって、少しほっこりした。
完全に圭次視点になるから、それも良かったのかも。
沙織先輩はメインに入れてもいいくらいのキャラだった。もったいない。
というか、過去編のメインヒロイン。

 

千夏は未来予知持ちで、千紗が事故に遭うことを知っている。
この作品の世界観では未来予知=確定した未来ということらしい。
まぁ、そういうものを広げる話ではないから、そういう設定にしたのであろう。
で、千紗を救う為にクローン人間の研究をしている、と。

 

このシナリオでの沙織の退場のさせ方、エグイね…。
徹底的に重い話を続けてくれますね…。

 

なずなの生い立ちもそれはそれで中々の設定で。
書くべくして書かれた重い話なのだなと思う。
過去編で圭次なずなとの関係が描かれるけど、現代編と比べると何か悲しい。

 

そしてタイトルへ。背景が夜になり、BGMが壮大に。
ここまででもCG56%。

 

AQUA

再び現代へ。
何か急に人類滅亡とかいう話になってる。
正直、ちょっと置いてかれた感はあった。

 

最後までいくと、奈々璃との個別エンドももしかしたらバッドじゃなんじゃないかと思ってしまう。
個別で死んだと思われたは、本体は研究室で眠らされてた解釈で良いのかな。

 

いいところで何故か森重先生の本名発覚の流れは吹いたわw

 

エピローグ前の最終シナリオの「千の夏が終わるとき」というサブタイは、ストレートだけど凄く良かった。
なんだかんだ、これは千夏となずなの為の物語だったんじゃないかなと思う。
どちらもサブキャラだけど、ある意味メインより重かった。
現代、過去と各キャラの関係性が練られた、とても重い物語だった。

 

一番最後のエピローグで、そこまで使われなかった挿入歌流すのは反則的に良い演出。
良いなと思うけど、最近あんまり見かけない気がする。

 

オレンジジュースに始まり、オレンジジュースに終わる。
そういうシナリオ構成も良かった。

 

ただ、「ECReD上層部」に関して言及が無かったのが残念な点。
それ以外は比較的綺麗にまとまってるので、諸悪の根源も暴いて欲しかった。

 

最後には前向きになり、アフターではあるけど、
なずな先生のエピソードも描かれたのは良かった。
個人的にはこの作品の真のヒロインはなずな先生だと思ってる。


総評

プレイ時間:約25時間オススメ度:★★★★★

感情的に重たいシナリオゲーをお探しの方におすすめ。
ただ、「重たい=必ずしも泣きに直結するわけではない」ので、泣き特化のゲームをお探しの方は見極めを。

作中キャラに感情移入して楽しむタイプの方には特におすすめできるかも。
ブランドの処女作ですが、とても良く出来た、重めのシナリオゲー。
本作に限らず少し古いからと躊躇せず、手を出してみると面白い体験ができると思う。

 

\ 詳細・ご購入はこちら /

 

 

挿入画像 FANZA GAMES / 公式 より引用

-★★★★★
-, , , , , , , , ,

Copyright © エロゲは黄昏ない 2020 All Rights Reserved.