★★★★★

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1 感想 レビュー

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1
武士道とは死ぬ事と見つけたり

 

「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-」の感想です。

 

製品概要

タイトル:Chushingura 46+1 -忠臣蔵46+1-
ブランド:インレ
原画:ぬい
シナリオ:葉山こよーて
ジャンル:燃え萌えサウンドノベル
発売日:2013年5月31日

 

下記の作品でインレに興味を持ち、
評価の高かった本作をようやくプレイ。

 

関連記事

僕はキミだけを見つめる -I gaze at only you- 感想 レビュー

続きを見る

 

ちなみに本作は【萌えゲーアワード2013 ニューブランド賞 金賞受賞】です。
さてどうでしょうか。

 

あらすじ

+ クリック or タップで展開

元禄十四年(1701年)三月十四日。
勅使饗応役の任を仰せつかっていた播州赤穂藩主・浅野内匠頭が高家筆頭・吉良上野介を江戸城、松の廊下で斬りつけるという前代未聞の事件が発生した。

その知らせを聞いた五代将軍・徳川綱吉は激怒し、浅野内匠頭を即日、切腹。浅野家には城地没収、お家断絶を命じる。一方の吉良には何の御咎めもなかった。
一夜にして三百人の家臣は路頭に迷い、非業の死を遂げる者もいた。

それでも、亡君の仇を討つべく立ち上がった四十六人の浪士たち。
そして、謎のタイムスリップで現代から江戸時代の赤穂に来てしまった主人公の深海直刃(ふかみすぐは)。
赤穂浪士の運命に翻弄されつつも、浪士と共に仇討ちへと驀進する様を描いた時代劇サウンドノベルゲーム。

「仇討ちこそ!我が悲願!」

公式サイトより引用


ChuSinGura46+1 - 忠臣蔵46+1 - オープニングムービー


ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版などで公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

 

※また、史実は何も知らない、無知エロゲーマーの感想です※

 

あらすじにある通り、現代人の主人公が何故か江戸時代にタイムスリップしてしまうお話。
そして、そのタイムスリップ先で赤穂浪士の面々とアレコレする…といったシナリオ。

 

まず、一言言いたいのは…
歴史ものを題材にしてるので、普通のゲームより単純に漢字が多く、
しかも登場人物は女体化してるので違和感もあってキャラ名を覚えにくいかもってことなのだけど。
そういう理由で敬遠してたのだけど、いざゲームをしてみると、そんな心配はするだけ無駄だった。

 

シナリオが上手なのかは分からないけど、とにかく尺があるので、馴染みの無い名前もキャラの魅力と相まっていつの間にかスッと入ってきた。
史実を一切知らなくても、知らない内にゲームに引き込まれると思う。

 

歴史については勉強になったと言って良いのかは判断が難しいところだけど、
どういう切り口でも歴史について興味を持てたなら、それは良いことかと思う。

 

登場キャラがかなり多いのだけど、無駄なキャラがいないのも良ポイント。
テーマがテーマなのでキャラ数が多くなるのは分かるけど、
初登場以降、「あれ、この人誰だっけ?」とならないのが凄い。
そして、各ヒロインがとにかくカッコイイ。

 

「仇討ちこそ!我が悲願!」とあらすじにある通り、熱いとこはとことん熱い。
そして、熱いだけではなく胸に染みるような演出もあり、色々な感情で訴えてくるシナリオが素敵。

 

日常もギャグが織り交ぜられており、クククッと笑ってしまうような場面も。
熱い戦闘シーンだけでは終わらない、しっかりとバランスの良いシナリオ。

 

とても良い作品なのだけど、とにかく尺が長いので、初心者さんにはおすすめは出来ないかも。
でも、何十本とエロゲやってきて、まだ今作に触れたことが無い方には是非、プレイして欲しい作品。
声優さんによっては作風からか、普段出さないような男気MAXな声で演技されているのも欠かせないポイント。

 

CGについて。
キャラ、背景ともに良いクオリティ。
そしてカッコイイ。
キャラの表情もころころ変わるので、楽しい。
また、バトル演出では立ち絵もぎゅんぎゅん動いて楽しい。

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1

 

BGMについて。
印象に残る和な感じの旋律などもあり、良い感じ。
主題歌のアレンジBGM等は聴いていてグッとくる。

 

システムについて。
バックログジャンプ、右クリックの挙動の設定無し。
ちょっと不便だけど、仕方なし。

 

こんな方におすすめ

  • 長尺シナリオで、儚さもある作品が好き。
  • 何処かに悪役がしっかり存在する作品が好き。
  • 史実に架空を入れた空想ものが好き。

以下、ネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

+ クリック or タップで展開

假名手本忠臣蔵編
江戸急進派編
百花魁編
仇華・宿怨編
刃・忠勇義烈編

の5編からなる1本道のシナリオ。

 

それぞれの編でヒロイン・活躍するキャラが違うのは当たり前のところだけど、
その当たり前をきっちりと表現してくれたのが良かった。

 

ただ、4章、5章はちょっと方向性が違った感じを受けた。
最初からタイムスリップしている、呪いの要素などでファンタジー要素はどうしても入ってくるのだけど、
4章、5章で本当の意味でファンタジーになってしまったなって。
1章~3章は武士道って雰囲気を大切にしていた気がするけど、それ以降はちょっとおざなりだったのかなって。
全章で大石内蔵助を大切にしているのは良かったけども。

 

それでもシナリオが熱く、ジーンとしてしまうものであったのは変わりないけど。
後半でファンタジー丸出しになってしまったのは、どうしても違和感が残ったところ。

 

ループするごとに成長する主人公や、過去の記憶を持たないキャラとの会話・苦悩などは良かった。
ただ、最後の刃・忠勇義烈編に特別なOPが無かったのはちょっと残念だった。
そして、本編内では直刃・一魅のその後が語られないのは残念だった。
完全無欠のハッピーエンドになったのは凄く良かったけどね。

 

ちなみに私は新六ちゃんが一番好きです!!!!!!!!!!!!!


総評

プレイ時間:約45時間オススメ度:★★★★★

尺が長いので、その点が手放しでおすすめ出来ないのが惜しい作品。
ただ、作品としてはシナリオ・演出のクオリティはかなり高いので、多くのエロゲーマーにプレイして欲しい作品。
歴史ものにちょっと抵抗があるって方も、やってみればきっと楽しめると思います。

 

\ 詳細・ご購入はこちら /

パッケージ廉価版

 

 

挿入画像 FANZA GAMES より引用

-★★★★★
-, , , , ,

Copyright © エロゲは黄昏ない 2020 All Rights Reserved.