★★★☆☆

ChuSingura46+1 わっちとお兄ちゃんのラブラブ長屋生活 感想 レビュー

ChuSingura46+1 わっちとお兄ちゃんのラブラブ長屋生活
大好きなお兄ちゃん……。
わっちと二人きりの
江戸暮らしを楽しもうね♡

 

「ChuSingura46+1 わっちとお兄ちゃんのラブラブ長屋生活」の感想です。

 

製品概要

タイトル:ChuSingura46+1
                  わっちとお兄ちゃんのラブラブ長屋生活
ブランド:プレカノ
原画:ぬい
シナリオ:葉山こよーて
発売日:2019年11月29日

 

関連記事

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1
ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1 感想 レビュー

続きを見る

関連記事

ChuSingura46+1 武士の鼓動(A samurai's beat)
ChuSingura46+1 武士の鼓動(A samurai's beat) 感想 レビュー

続きを見る

 

あらすじ

+ クリック or タップで展開

赤穂浪士の討ち入りを止めにいったものの、討ち入り阻止は失敗して瀕死の状態で
主人公・直刃のもとに戻った新八。
怪我も癒え、二人だけの穏やかな生活が流れていたのだが、季節が春に変わる頃、
直刃からある願いを打ち明けられる。

「江戸に住みたい?」

そう……直刃の願いとは江戸に住みたいというもの。
そんな直刃の願いを一途な新八は受け入れる。

「わかった。お兄ちゃんがそうしたいならいいよ。わっちはお兄ちゃんについていくだけ」

だが、二人は武士ではなく浪人の身、お金もなければ仕事もない。
それでも、当時の江戸は八百八町と呼ばれ、行けばなんとかなった。

「じゃあ、適当な長屋をさがすね」

長屋……現代で言うところの格安アパートだ。
その長屋で新八から江戸時代の様々な生活習慣や風習を教えてもらうことになるのだが、意外にもその生活習慣や風習は現代にも通じるところが多くあったのだ。

そんなことに驚きつつ、ラブラブな長屋生活……

二人のtrue storyが今、始まろうとしている。

公式サイトより引用

プレカノ「ChuSingura46+1 わっちとお兄ちゃんのラブラブ長屋生活」プロモーションムービー

ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版で公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

 

※また、史実は何も知らない、無知エロゲーマーの感想です※

 

まずは一言で言えば…
新八ファンならやるべきFD。

 

武士の鼓動での新八エンドを経て
すぐにやったので、余計にそう思ってしまう。

 

内容的にはFD特有?のイチャイチャっぷりと、
合間に新八の江戸に関するうんちくという繰り返し。

 

その為、今までのシリーズのように
熱い展開を期待すると、肩透かしかも。
(一応、戦闘はあるけどね)

 

でも、それで良いと思えるだけの
説得力が今までの経緯を経て、
この作品にはあると感じた。

 

元祖と武士の鼓動やってなきゃプレイする必要が無い作品だけど、
新八ファンの方には是非とも触れて欲しい作品になっている。

 

CGについて。
新規絵以外はほぼシリーズからの流用。
元が良いので特に気にならないと言うか、
ChuSinguraという実家のような安心感さえある不思議。

Slider

 

BGMについて。
こちらもシリーズからの流用だけど、
そもそも良い感じなので気にならない。

 

システムについて。
音の調整だけ凄く不便。
ボイスが致命的に小さいので、
BGM、SEをほぼ最低値まで下げないといけない。

 

こんな方におすすめ

  • 尺が短くても、絆が深まる作品が好き。
  • 本編はプレイ済みだけど今作はまだの方。
  • 史実に架空を入れた空想ものが好き。

以下、シリーズのネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

+ クリック or タップで展開

この世界線は影武者の吉良が討たれ、
本物はうまく逃げた世界線。
(うまく逃げたかの描写もないけど、そういうことですよね)
且つ、直刃は自分の正体を新八に明かしている世界線。

 

武士ではなく、商人として暮らすってのが
シリーズ的には新しい。
赤穂浪士の墓守をするって展開も良かった。

 

江戸のうんちくから、
何でもないようなトリビア的な知識まで
新八が語るのはちょっとキャラ違わない?とも思うけど、まぁいいか。

 

システムの、主に音周りが不親切なせいで
アイキャッチの新八の「なつー!」とか
「あきふゆ!」とかが小さくなってしまうのは本当にもったいない。
ボイスじゃなくSE扱いっぽいので。

 

そいえば本作では山田浅右衛門にチラッと触れたけど、
武士の鼓動で浅右衛門出なかったの寂しかったなと思ってたから良かった。
本作の時空では直刃浅右衛門と出会ってないから
ゴリラみたいな男だろうって言ったのが笑えたけど。

 

直接対決の描写がある敵に関しては
そんなに強い敵がいない本作にて、
新八が刀を両手持ちするCGがあったのは良かった。
灰色の瞳も良いよね。
直刃も3ループ目だし、このコンビ強過ぎて見てて安心感しかなかった。

 

新八は最後大泣きしたけど、
武士の鼓動の時とは違った感情で良かったねと思える。

 

これ終わってから、思わず武士の鼓動の
鏡花水月編読み直しちゃったよ…

総評

プレイ時間:約4時間オススメ度:★★★☆☆

「ChuSingura46+1」
「ChuSingura46+1 武士の鼓動」
この2作をやって、新八が好きになった人には是非とも触れて欲しい作品。
そこには本編メインの4人ですら叶わなかった幸せが…。
あとは見てのお楽しみ!

 

\ 詳細・ご購入はこちら /

 

関連記事

ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1
ChuSingura46+1 忠臣蔵46+1 感想 レビュー

続きを見る

関連記事

ChuSingura46+1 武士の鼓動(A samurai's beat)
ChuSingura46+1 武士の鼓動(A samurai's beat) 感想 レビュー

続きを見る

 

 

挿入画像 公式 より引用

-★★★☆☆
-, , , , ,

Copyright © エロゲは黄昏ない 2020 All Rights Reserved.