はるまで、くるる。 感想 レビュー【萌えゲーアワード2012 シナリオ賞 銀賞受賞作品】

はるまで、くるる。★★★☆☆
スポンサーリンク

それはの日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム。

ということで、「はるまで、くるる。」の感想を。
少し古いですが、萌えゲーアワード2012 シナリオ賞 銀賞ということで。
急転直下するシナリオが特色の本作、ご興味ありますか?
あ、シナリオ以外の目当ては車の人ですよ、車の人。

あらすじ

とある事情。

とはいっても、それがどういう事情によるものなのかは、俺にも説明不可能なんだけど……。
とにかく俺は4人の女の子達と人里離れた場所で長い春休みを過ごすことになってしまった。
どれだけ人里離れているかというと、まずコンビニなんかは当然ない。
携帯だってないし、やけに性能のいいノートパソコンは山のようにあるけど、ネット環境はない。
そこにあるのは、温泉宿みたいな大きな寮舎と、廃校寸前っぽい校舎。
休み中の田んぼと、実った冬野菜が並ぶ畑。
遠くに見えるのは雪を頂いた青い山脈と、綺麗に澄んだ海。
……そして、空の果てまで続く、見たことのないほど高い、用途不明の煙突。

ファンタジックな出来事も、SFちっくな出来事も、ミステリーみたいな出来事もなく、
それなりにいろいろありながらも俺は4人の女の子と平穏な毎日を
過ごしていたつもりだったが、それは大きな間違いだった。
女の子の1人。無茶なことをしがちな静夏が、唐突に言ったのだ。

「ここをこの男のハーレムにするわ!」

ハーレムって言ったら、あの……その……。ええええっ?!
いったいハーレムが何を意味するのか、俺は服を脱ぎ始めた静夏に教えられることになって……。

公式サイトより引用

OpeningMovie (Modified version)

『はるまで、くるる。』 OpeningMovie (Modified version)

ネタバレ無し感想

どうネタバレしないで感想・レビューをしたら良いものか悩む作品。

とりあえず、色んなところで記事は見かけるけど、本当にOP前後の落差が激しい。
前半のただのハーレムパートは体験版範囲なのでネタバレではないとして、この範囲中でも割りと不穏な空気はあるんだよね。
登場人物が主人公と4人のヒロインだけで、何の説明も無く淡々と進んでいく。
それ自体は良いんだけど、何処にもいないんですよ、有り体に言えば「友人A」とか「学校の先生」とか、いわゆるモブキャラが。

そんな中、OPを迎え、プロローグは終わったとばかりに世界観がガラっと変わる。
同じ世界、同じ登場人物なのに、作品の雰囲気がガラッと変わって、急にシナリオゲーになる。
OP時点で「俺たちは3か月を生き続ける」と書いてあるので、ループものであることは予想できると思うんだけど、では、何故?どのようにして?何の為に?という疑問が出るわけです。

シナリオの印象については「読ませてくれる」シナリオだった。
何を書いてもネタバレになってしまうから正直何も書けないんだけど、ヒロインは4人ともかなり癖がある設定になっていた。
個人的には静夏は「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒ、春海は「ひぐらしのなく頃に」のレナっぽいという印象。

プロローグのハーレムパートは必要ないという意見も見かけたけど、あれは最後に活きる、物語上必要だったものだと解釈した。
落差がある物語というか、きちんとした設定があって物語が急転直下するような展開が好きな方には合うかな。
設定もそうなんだけど、結構ぶっ飛んでますよ、文字の表現も。

以下、軽微なネタバレ有り。

  

ネタバレ有り/各ヒロインについて

共通ハーレムルートで一切モブが居ないとか、主人公が過去を思い返すけど、その過去の具体的な描写が一切無かったり、読み手に疑問を与える演出がチラホラあって不気味。
最初のルートを終えると、あとは順々にアンロックなので、攻略推奨順とかは無いです。

以下、ネタバレ含むので注意。

仁燈 春海 CV:芹園みや

仁燈 春海

超巨乳。植物に詳しく、山菜取りなんかが得意な女の子。
実体はかなりの危険人物。
このルートで提示される、この世界の謎を解こうとする最初の仮説だけでも、「ふーん、なるほどねぇ」なんて思ってしまう。
その仮説と、キャラの狂気性をきちんと紐づけているのがこのルートの特徴。
死に敏感な女の子が、自分の感情に気付くまでのお話。

未木 秋桜 CV:かわしまりの

未木 秋桜

巨乳。釣り好きの一番当たり障りの無さそうで若干アホな子。
ヒロイン4人の中では割りとまともな人間なのかな。
ただ、このシナリオはルートヒロインの異常性で話を演出するのではなく、ヒロインの性質と関係なく異常な事件が起きるのがポイント。
その事件の謎を追う過程で、春海の異常性も再び描かれる。
世界の秘密に作中人物が気付く大事なルート。

士蓮 冬音 CV:青葉りんご

士蓮 冬音

貧乳。シリアスブレイカーでちょっと何言ってるかよく分からないことが多々ある。
このルートで割りと多くの世界の謎が明かされる。
特に終盤は読み手が主人公に感情移入して読むと、結構きつい話になる。
その後、静夏ルートへの橋渡しの部分では色々とおかしなことになってる、ちょっと狂気染みてるルート。

和葉 静夏 CV:竹岡美柳

和葉 静夏

普乳。言動がエキセントリックでアホ可愛い枠。
このルートは静夏の主人公への献身、これに尽きると思うんだなぁ。
不快な表現や異常性のある部分もなく、素直に謎が明かされていく。
ただ若干、グランドエンドへ至る繋ぎのお話って気もしてしまうのが残念な点。

グランドルート

何を書いてもネタバレになってしまうし、他のブロガーさん方が書いているので、結末はここでは省きます。
一番大切なことは主人公とヒロインズだけでどうやって再び人類繁栄させるんだよって部分ではなく、物語最初期から表情を失ってた主人公が笑顔を取り戻したって部分ではないかな、と。

私はそこに一番心打たれた作品だった。

総評

プレイ時間:約15時間オススメ度:★★★☆☆

良い意味での体験版詐欺作品。
最初のハーレムルートを我慢してクリア出来れば、そこからは予測不能の壮大な設定のシナリオゲーになる。

各ヒロインのルートをプレイして、シナリオの末に結ばれて幸せになって、その後はプレイヤーの想像に任せるといったシナリオでは無い。

ちょっと古い作品ではあるけど、シナリオの展開については一級品。
1本道で、驚くような展開がある、でも舞台設定や話の整合性にきちんと納得できるシナリオゲーをお探しの方にオススメできる一作。

詳細・購入

ダウンロード版


人気記事(累計)

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー
喫茶ステラと死神の蝶 体験版 感想
喫茶ステラと死神の蝶 感想 レビュー
あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜 感想 レビュー【あざらしそふと×SMEEコラボ企画】
どっちのiが好きですか? 感想 レビュー【どっちのiも大好きです】
アイコトバ 感想 レビュー【あざらしそふと+1】
MUSICUS! 体験版 感想【絶望のからあげ】
【DMM GAMES 遊び放題】実際どうなの?全作品の中から25作品ピックアップしてみたよ!
【2019年発売作品】2019年度のおすすめエロゲランキング!
きまぐれテンプテーション 感想 レビュー【お手軽伝奇もの】

挿入画像 すみっこソフト公式 / DMM GAMES.R18より引用

コメント