枯れない世界と終わる花 感想 レビュー【萌えゲーアワード2016 ニューブランド賞 受賞作品】

枯れない世界と終わる花★★★☆☆
スポンサーリンク

―それでも俺は、こんな世界の終わりを願うよ

ということで、新年1発目は少し古めだけど、「枯れない世界と終わる花」の感想をば。
とても綺麗なファンタジー作品で、ずーっと気になってた作品。
さて、どうでしょうか。

あらすじ

色とりどりの花で埋め尽くされた美しい街。
ショウはレンと共にその街を訪ね、喫茶店で働くハルたちと出会う。
喫茶店の2階に住み込みで働かせてもらうことになったある日、
深夜にひとり出て行くハルを追いかけて行くショウ。
街から遠く離れた、見渡す限り花に囲まれた丘の中央でショウは、
月明かりで淡く輝く大きな樹の下、
ハルに抱かれた小さな女の子が花になる瞬間を目にしてしまう。
ショウに気付いたハルは、
咲き乱れる美しい花たちに目を細めて寂しそうに微笑む。

「こんな世界で、わたしはこうやって生き永らえて来たの。
でもわたしはまだ生きていたい。他人の命を引き換えにしてでも」

ハルと同じように舞い散る花びらを見上げながら、

『この世界が何を押し付けようと。
どれだけの人がハルを許さないと言ったとしても―』

その言葉の代わりに、ショウは告げる。

「―それでも俺は、こんな世界の終わりを願うよ」

公式サイトより引用

プロモーションムービー

『枯れない世界と終わる花』プロモーションムービー

ヒロインについて

ハル(CV:沢澤砂羽)

ハル(CV:沢澤砂羽)

3姉妹の2番目のお姉ちゃん。
見た通り、のんびりふわふわしている印象で可愛い。

コトセ(CV;夏峰いろは)

コトセ(CV;夏峰いろは)

3姉妹の長女。
一番凛としてる印象で、本が好き。

ユキナ(CV:谷若葉)

ユキナ(CV:谷若葉)

3姉妹の末っ子ちゃん。
見た目通り、3姉妹では一番ざっくらばんで明るい。
ただ、そこにはとある理由が…?

レン(CV:秋野花)

レン(CV:秋野花)

主人公に妹のように懐いている謎の少女。

ネタバレ無し感想

2016年の作品で、ファンタジー。
CGが色彩豊かで、すっごい綺麗な作品。

枯れない世界と終わる花サンプル画像

ちょっとちょっと、謎があるようなテキストが良い。
読み進めるごとに、この世界には何かあるんだなって思わせてくれるようで。

シナリオ自体はちょっと説明が少ないので、脳内で補完する必要あり。
ただ、予想が合ってる合ってないに関わらず、補完できる許容範囲ではあると思う。

とても綺麗にまとまったシナリオで、脳内補完の賛否は置いといて、個人的にはとても好みだった。
作品的にシナリオ部分が大きいので、声優さんの熱演もとても良かった。
キャラはみんな可愛く日常もコミカルな部分はあるのだけど、作風が割りと重いので、好き嫌いはあるかも。

気付く人は途中で気付くような内容ではあるけど、「ひっくり返るギミック」があるので、そういう何かしらの展開があるシナリオ好きなら楽しめると思う。

あとはファンタジー世界で、ちゃんとファンタジーしてる作品なので、そういうのが好きならオススメです。
ただ、ミドルプライス作品としてはちょっと尺が短いかなと。

あっ、メインヒロインのハルは沢澤 砂羽さんなんだけど、落ち着いておっとりしてる沢澤 砂羽さんっていうのも良いですなぁ!

以下、軽微なネタバレ有り。

ネタバレ有り感想

ヒロインは公式で紹介されている4人いるんだけど、攻略順は無し。
実質、1本道のシナリオで、選択肢によってエピローグの展開が変わる程度なので。

コトセ→ユキナ→ハルの順で物語が進むのだけど、エピローグまでHシーンは無しです。
これは主人公の気持ち、作品テーマとも矛盾しないので、この作品においてはとても良い部分。
ルート分岐が無いシナリオの流れをしっかり考慮してのことだと思う。

基本的には現在の状況→過去回想→現在…と言う風に物語が進み、だんだん謎が明かされていく。
ファンタジーものにおいて、世界観の設定は大事なんだけど、完全に設定ありきのシナリオになっちゃってるのがちょっと残念。
ここら辺は難しいとこで、上手な伝え方、無理やりな伝え方、色々あると思うけど、この作品は投げっぱなしな感じ。
「アキト」が実は主人公というのは途中から気付くであろうが、良いギミックだった。

作品のエンディングに関して、ご都合主義っていう意見もあると思うんだけど、個人的にはハッピーエンドが1番なので、それでも全然良いと思うんだ。
それに、この物語にはハッピーエンドが必要な結末だったと思ってる。

演出面ではエンドロールで曲中にレンの語りが入るのも良かった。
レンって結局何だったの?って思ってたので、少なからず最後に答えを提示してくれたのは好感触。
地味なとこだけど、CGギャラリーで各CGにタイトルついてるのも良かった。

総評

プレイ時間:約9時間オススメ度:★★★☆☆

用意した素材は良かったけど、料理があまり上手じゃなかった系作品。
それでも、儚い雰囲気が好きな人にはぴったりだと思う。
個人的にはもう少し長く、詳しくこの世界に触れていたかったと思わせてくれた作品。

ファンタジー物で儚い雰囲気の作品が好きなら合うと思います!

詳細・購入

ダウンロード版
パッケージ版


人気記事(累計)

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー
喫茶ステラと死神の蝶 体験版 感想
喫茶ステラと死神の蝶 感想 レビュー
あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜 感想 レビュー【あざらしそふと×SMEEコラボ企画】
どっちのiが好きですか? 感想 レビュー【どっちのiも大好きです】
アイコトバ 感想 レビュー【あざらしそふと+1】
MUSICUS! 体験版 感想【絶望のからあげ】
【DMM GAMES 遊び放題】実際どうなの?全作品の中から25作品ピックアップしてみたよ!
【2019年発売作品】2019年度のおすすめエロゲランキング!
きまぐれテンプテーション 感想 レビュー【お手軽伝奇もの】

挿入画像 DMM GAMES.R18 より引用

コメント