★★★☆☆

まどひ白きの神隠し 感想 レビュー

まどひ白きの神隠し
あなたの居場所はどこですか――?

 

Lump of Sugar「まどひ白きの神隠し」の感想、ご紹介です。

 

製品概要

  • タイトル:まどひ白きの神隠し
  • ブランド:Lump of Sugar
  • 原画:萌木原ふみたけ
  • シナリオ:水瀬拓未 / 七央結日 / 御厨みくり / セロリ / 中島大河
  • ジャンル:ADV
  • 発売日:2021年5月28日

 

まどひ白きの神隠し 感想

あらすじ

 

ある冬の日――
自宅の姿見、その鏡面の揺らぎが全ての始まりだった。

揺らぐ鏡から飛び出してきたのは、キツネの耳を持つ少女・ろか。
事情を訊くも要領を得ないままに、元来た鏡に向かって走り出す少女。
主人公・巧斗と、妹・椎凪は、彼女を追いかけ鏡へ身を投じた結果――"向こう側"へと迷い込んでしまう。

そこは人間の世界とよく似ているが、異なる世界。
神仏妖怪魑魅魍魎、ヒトならぬものたち――カミガミの住まう世界。

「ようこそ、神隠しの向こう側へ――」

どこか浮世離れした、ウサミミの少女・みこと。
茶屋を営む付喪神・千代。ろかと、その母である九尾の狐。一緒に神隠しされた椎凪。
彼女たちと共に、巧斗は元の世界に戻る方法を探していくが……
その交わりの中で、彼はカミガミの本質と兄妹の秘密を知ることになる。

ヒトとカミガミ。2つの世界。4人の少女たち。
雪降るカミの地で、境界に立つ彼が想うのは――

「あなたの居場所はどこですか――?」

公式サイトより引用

まどひ白きの神隠し オープニングムービー

 

ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版などで公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

 

このメーカー、絵が綺麗だからずっとやってみたかったのよね。
でも、タイミングが悪かったり、他に気になる作品が多い事の方が多くて。
そんな中、本作の発売と、シナリオに推しライターが混ざってたのでプレイしてみた。
あらすじも気になったし。

 

何か、現実世界?って言うのかな、その世界観がかなり和風で古いなぁって。
主人公の家も凄い木造推しなのね。
某武士系ゲームじゃないけど、元となる現代はそんな感じの街並みで。
特徴あると言えば良いんだけど、違和感の方が大きいかなって思った。
設定的にどうしようもない部分ではあると思うんだけども。
建築物は現代風、もしくは近未来風にしても面白かったかも?

 

対人関係の雰囲気と言うか、物語序盤の雰囲気が柔らかくて凄く好き。
異世界だけど、ほっこりできる日常満載な感じ。
とは言え、最終的に主人公と異世界人との別れは来るんだろうなと思うと、ちょっと切ないね。
どういう結末になるかはこの時点では分からない内の心情だけどね。

 

そういう感じで、ほっこりできる日常と、
神話モチーフのちょっとした非日常が混在した世界観。
そういう設定が好きなら割りと合うかも。
CG項目に記載してるけど、絵で買っちゃうのも良いかと思う作品。
何に期待するかによって評価は変わってくると思うけど、無難かなと思う。

 

CGについて

 

カワイイ、綺麗。それは正義。
立ち絵も一枚絵も文句は無いのだけど、
欲を言えば立ち絵のアクションがもうちょいあると良いのかも。
目パチとか、そういうの。

 

BGMについて

和風な感じもあって良いのだけど、なり切れないと言うか…
曲によっては世界観とマッチしきれてない感じはある。

 

システムについて

バックログジャンプや必要な設定はあるので十分。

 

こんな方におすすめ

  • サクッと読めるけど、儚さも感じられる作品が好き。
  • 獣っ娘萌え!
  • 絵が綺麗なら色々と許せちゃう。

以下、ネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

 

みことが序盤で「私薄いのかな」って言ったのは盛大なフラグでしょ。
と思ってたら、やっぱそうだった。
分かりにくいのもアレだけど、分かりやすすぎるのもいかがなものか。

 

異世界に迷い込んだけど、とりあえずの期限があるのもシナリオにメリハリが生まれる良い要因かなと思う。
帰る手立てが見つかるまでそのまんまとかではなく、とりあえず満月の夜が来るのを待つスタンスってのがね。
まぁ緊張感は若干薄らぐけど、日常も大事にするなら良い塩梅なんじゃないかなって。

 

一か月が経って、元の世界に戻るのが失敗に終わった後に「本当の両親」って言葉が出てきたけど。
今までそんなエピソードあったっけ?え?
あったらすまん。でも、唐突過ぎて「?」だった。
基本夜に酔っぱらいながら読んでるから私が忘れてるだけかもしれないので、そこはご愛嬌ってことで…。

 

で、スサノオの力を借りてからの選択肢ね。
こういう展開、結構好きだよ。

 


以下個別、プレイ順です。

 

千代さん

付喪神の総体ということで「使われる」ことに拘るのが何ともHでしたね…w
ぐいぐい来る感じの千代さんも可愛かった。

 

ただ、とりあえず印象的にはそれだけで。
特にシナリオが良かったわけでもないかなーと。

 

しっかし、歯ブラシ代わりに歯を舐めてくる女って…
細菌だらけで汚ねぇな!?www
それ以前に普通にキモチワルイのだけども。

 

壁穴プレイは草だった。
どっかの安物のAVかよw

 

で、シリアス要素の、何でも知れる九十九と付き合ってる主人公は信頼できない…
それって、え?って感じだった。
つまり、住人は九十九自体を信じてないってことでしょ?
九十九にプライベートや知られたくないことも暴露されるかもって恐れてるわけでしょ?
もう住人と九十九の関係破綻してない?って思うんだ。
にこやかにお店に来るような関係じゃないでしょって。

 

そこに目を瞑れば、剣で千代を刺し貫く云々の流れは好きな部類だった。
ただ、クライマックスに行き着くまでのドラマ性が皆無なのがこのシナリオの悲しいところだったかなと思う。

 

ろか

完全にロリコンの波動に目覚めたルートですね…w
抜群に可愛いのは認めざるを得ない。
九尾の狐の化身って設定があるから良いのだけど、人間だったら完全にやばいやつ。

 

世代交代をシナリオのスパイスにしたんだから、この辺はもうちょい深みが欲しかったと思う。
あっさり風味っていうかね…話が浅い。
しっかり泣ける話に仕立てることもできたんじゃないかな、ライターの力量次第で。
日常は愛くるしく、シナリオの山場では泣ける…そうなれば良くない?
まぁ日常は良いとして、後者は無理だったのだけど。
掘り下げが足りないから、急に感動のシーンとか出されても「???」ってなる。
勿体ないシナリオだなぁって思った。

 

真っ先に頼る人物であるはずのスサノオが何の出番も無かったのも駄目ポイント。

 

椎凪

主人公と椎凪が拾われたのは10月7日。
これ、覚えておこうかなと思ってメモる。
→ちゃんとフラグになってて一安心。w

 

この子、CV:春乃いろはだけど、こういう声も出すんだなーって印象。
おっとり声って言うか、個人的には好きな感じではあるんだけどね。
私の中ではニューリンエミーとか、ゆらうかすみれで止まってたからさ。

 

関連記事

ニュートンと林檎の樹
ニュートンと林檎の樹 感想 レビュー【小鳥さえずる丘の子】

続きを見る

関連記事

ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか
ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか 感想 レビュー

続きを見る

 

で、ここまでことあるごとに実妹だって語られてたのに、告白かっる!!w
倫理観というものは一切捨て去った世界観なんですね、ハイ。
人によってはプラスにもマイナスにもなる部分だから難しいと言えば難しいけど、
それならわざわざ兄妹にしておく必要は無かったかな、と。
実妹じゃなくて義妹にしちゃうとかさ。

 

まぁそれはそれとして、兄妹がイザナギイザナミの生まれ変わり?代替わり?だったというのは良い設定だったかなと思う。
上で実妹義妹倫理観書いたけど、そういう設定の上での惹かれ合う二人ってなれば良い感じに思える。

 

両耶島に残る=御原との別れ、育ての両親との別れ、それらの描き方は良かった。
作品本来の優しい世界観と声優の演技も相まってね。
エピローグ含め、とてもまとまった良いシナリオだとは思った。
ご都合主義な部分はあるけど、この場合のご都合は良いんじゃないかなと思える範囲だった。

 

いつもおっとりしてた椎凪の泣きの演技はとても良かった。

 

この時点でプレイ順としては残りがみことなんだけど、これを超えられるのか…どうかな?

 

みこと

多分、正ヒロイン。のはず。
ただ、作品的には兄妹のイザナギイザナミの話が良かったので正直期待値は低かった。
まぁでも、こういう可愛いのに色気皆無なヒロインは個人的には好き。

 

キャラ設定的にも割りとお涙ちょうだいな展開なのかなーと。
この子の両親がイザナギイザナミって時点でね…もうね。

 

結果、ツクヨミノミコト因幡の白兎のお話なんて普通は調べないと分からないよね。
奥が深くて良いんだけど、そこまで知ろうとしてシナリオを読むか、
そこをスルーして何となく読むかで楽しめるレベルが変わるんじゃないかなと思った。
主人公が帰るためにはツクヨミの力が必要…とかね。

 

ところで、スサノオ天狗のコンビ良いね。
シリアスな場面で突っ込む天狗、割りと好きだったよ。
犬うるせーよw

 

内容の被りが無いって意味合いでは良いんだけど、
このシナリオでは主人公はイザナギって部分は伏せられてるから、何となく消化不良感はあった。

 

終わりが完全なハッピーエンドだからこれ以上書けと言うのは酷だけど、
天狗ももうちょいクローズアップしたトゥルーがあったら評価バク上がりしたかも。
あとは世界がふたつあるのだから、離別エンドも欲しかった。

まどひ白きの神隠し 感想 総評

 

プレイ時間:約20時間オススメ度:★★

日常を割りと大事にしつつ、世界観も出していく感じのシナリオだったかな。
キャラの可愛さは折り紙付きなので、そこだけで買うのありだし、
ちょっとした起伏のあるシナリオを楽しむのもあり。
絵が凄く綺麗だし、もう少し頑張れば良作と言えるかなーと言った雰囲気。
エロゲ初心者さんにもオススメできますよー。

 

以上、まどひ白きの神隠しの感想でした!

 

728_90

 

挿入画像 FANZA GAMES より引用

-★★★☆☆
-, , , , , , , ,

© エロゲは黄昏ない 2019