★★★☆☆

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー

白刃きらめく恋しらべ
いかなる時であろうとも、私はあなたの隣に立ち続けたい――

「白刃きらめく恋しらべ」、体験版終わった後に製品版プレイしたよ!
今回はその感想になるのだけど、うーん、困った。
実に困った。

こちらが体験版の感想記事。

白刃きらめく恋しらべ
白刃きらめく恋しらべ 体験版 感想

続きを見る

あらすじ

+ クリック or タップで展開

政府機関所属の退魔師、織田絢人の今回の任務は
「刃道」を教える学校、叢雲学園に持ち込まれた『呪物:不浄紅顰』の調査と破壊。

同じチームとして行動する「月橘姫芽」、「東雲瑠璃」と共に協力し
『佩刀護身会』の幹部のご令嬢「風嶺茉莉花」が『呪物』を所持している事を突き止めた絢人。

『呪物』は破壊することに成功するが、
その結果、茉莉花は霊障害を発生させる特異点となってしまう。

「いかなる時であろうとも、私はあなたの隣に立ち続けたい──」

霊障と戦う術を教えるため、茉莉花と期間限定の師弟関係となった絢人。

近未来の世界にはびこる怪異に翻弄されつつも
それを乗り越えていく絢人と彼女達との一冬の恋物語。

公式サイトより引用


OPムービー


ネタバレ無し感想

体験版終了時には本当に期待薄で製品版やり始めたのだけど、終わってみればこれが中々…!
良い意味で裏切ってくれたと言うか。
結果的に、特に前作をやっておく必要は無かったように思う。

簡単に言えば、主人公はある組織のエージェントとして敵を討っていく。
可愛い女の子たちに囲まれて。
その道中、主人公含め、ヒロインと成長していく物語。
個人的に一言で言えば、「学園ものであり、バトルものであり、キャラゲーに振ったちょっとシナリオゲー」かな。

バトル時のそれぞれのヒロインのCGなんかは綺麗だし、
そういうのが好きならオススメできる一作。
なのだけど、ちょっと演出は弱い。

めくらべサンプル画像

こんな方におすすめ

  • 絵が綺麗なら色々と許せちゃう。
  • 熱いバトルが好き。
  • めくいろはプレイ済みだけど本作はまだ。

以下、ネタバレ有り。

ネタバレ有り感想

+ クリック or タップで展開

風嶺 茉莉花(CV:歩サラ

めくらべサンプル画像

この作品における正史と言うか、メインの中のメインだと思う。
唯一、物語の時間軸上で、物語が始まるまでは主人公と何の関係も無かったヒロイン。

武器はプロローグで破損した主人公の刀を改修した刀で、
最終決戦の際は主人公のマントも託される。
武器も防具も主人公から譲り受けて戦う正統派ヒロインちゃん。
純粋に可愛い、カッコイイ。

このルートだけ従者のみくるの戦闘CGがあるんだけど、
しっかりパンチラしているのはGOOD。
最後の戦いでのこの子のCG枚数、戦闘演出はかなり力入れてたと思う反面、
他ルートがちょっと物足りなくなってしまった。

「主人公に一目惚れ、撃ち貫かれた」という事すら伏線にする中々のやり手ルート。
私服が可愛い。

月橘 姫芽(CV:くすはらゆい

めくらべサンプル画像

特殊な鎌で戦う巨乳メイドちゃん。
お胸だけじゃなくて、立ち絵から感じるのはほっぺたが凄いぷにぷにしてそうで良いよね。
下記の瑠璃とは、そういう面でもキャラ分けがちゃんと出来ていると思う。

過去のある出来事がトラウマになっており、ルートでは見事にトラウマスイッチオンする。
姫芽とミカ(普段は姫芽にしか見えない神様)の関係性などから、
少しうるっとできるお話に仕上がっている。

決戦ではミカと力を合わせてピンチで覚醒、超強くなる。
その際の立ち絵というか、ミカの力が姫芽に憑依して何故かキャラデザ自体変わるんだけど(スーパーサイヤ人になるような感じ)、
それがすごーく可愛いので是非プレイして欲しい。

東雲 瑠璃(CV:御苑生メイ

めくらべサンプル画像

特殊な極薄の刀で戦う巨乳ちゃんその二。
巨乳キャラは姫芽と被ってるけど、性格でしっかりキャラ分け出来てる。
おっぱい揉む?が口癖のいつもはぼーっとしている変人。

ルートでは何の為に強くなるのか?ということに主眼が置かれる。

決戦では元々薄手の武器の刀が砕けるが、そこから覚醒して強キャラになる。
その際、反則級の技を使うのだが、多分普段の振る舞いからして3人の中では1番戦闘狂。
ただし、決戦の演出に於いては残念ながら一番適当にされてしまった感がある。

過去のエピソードとしてロリ瑠璃も出てくるんだけど、既にデカい
私服が可愛い。

全体を通して

プレイするなら、瑠璃→姫芽→茉莉花の順番が順当かなとは思う。
ルート分岐の選択肢も、単純に誰と行動を共にするかというものしかないので、
攻略自体はとても簡単。

プレイ時間については体験版の2時間を差し引いてるので、12時間程度が妥当なのかなと思う。
体験版をプレイしたのが製品版発売直前だったので、覚えてる部分はスキップした。
そういうことで、フルプ作品としては、尺は短いのが残念な点ではある。

伏線を張るタイプのお話ではないんだけど、張ってあったいくつかの伏線はきちんと回収される、腑に落ちるのも良ポイント。
そもそも、「え?それ伏線だったんか…」程度の物だけど、
説明があれば「ああなるほどね!」って納得できると言うか。

当たり前なんだけど、ヒロイン3人とも進むべき道に悩み、
模索し、一緒にしっかり頑張る感があって良かった。
それぞれのルートのラスボスが全部違ったのも良かった。

バトル時のキャラCGについては綺麗と書いたけど、
ちょっと茉莉花だけ優遇され過ぎかなぁとも思う。
それはエフェクト演出の面においても、
茉莉花ルートは他ルートより色々と違ったエフェクトもあって、
メインだから差別化したんだろうけど、
それが良かったか悪かったかは…個人的にはマイナス面だと感じた。
ただし、茉莉花ルートの決戦は良いタイミングでボーカル曲も流れ、
紛れもなく熱い戦いかなとは思う。


総評

プレイ時間:約10時間オススメ度:★★★☆☆

体験版での不安を吹き飛ばすくらいには読了感はすっきりしていた。
オススメ度については★3か★4かで迷ったけど。

ただし、どのルートもそうなんだけど、演出面で満足しているかと聞かれると、そこはうーん…ってなる。
バトルが大切なジャンルのお話なので、 特に 画面効果などはもっと頑張って欲しかった。

そういう意味でちょっと残念な部分もあるけど、
「学園ものであり、バトルものであり、キャラゲーに振ったちょっとシナリオゲー」、好きならオススメです!

詳細・購入

DL版

パッケージ版

挿入画像 DMM GAMES.R18 より引用

-★★★☆☆
-, , , ,

Copyright © エロゲは黄昏ない 2020 All Rights Reserved.