【ぬきたし】抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 感想 レビュー

ぬきたし★★★★☆
スポンサーリンク

もしも抜きゲーみたいな島が本当にあったら?

発売当時(2018年夏)、話題だった作品。
今さらプレイですが、今やっても色々とぶっ飛んでるな、と。w
さて、その内容はどうでしょうか。つらつらと語ります。

次作の感想はこちからから。
お時間あれば読んでください。

あらすじ

青藍島……ここは通称『ドスケベ条例』によって
変態的交尾が許可されている楽園(パラダイス)。
そこに転校してきた主人公『橘淳之介(たちばなじゅんのすけ)』は、
誇り高き童貞であると同時に、骨の髄まで処女厨であった。
だがドスケベ条例は彼の通うことになった水乃月学園も例外ではなく、
「セックスしないことは校則違反!
そして同時に条例違反!即逮捕・即尺八・即プレイ!」
規律を絶対遵守させる生徒会と風紀委員、通称”SS”の
魔の手から、淳之介は逃れられるのか……!?
仲間と共に童貞を死守せよ! 淳之介の戦いが今はじまる!

公式サイトより引用

OPムービー

【1stOP】『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』OPムービー

ヒロインについて

橘麻沙音(CV:そらまめ)

橘麻沙音

主人公の
おバカ。声が可愛い、早口可愛い。
お兄ちゃん大好きな同性愛者。(画像はぬきたし2より)

片桐菜々瀬(CV:柳ひとみ)

片桐菜々瀬

ギャルビッチ。
に見せかけた乙女(?)
母性高め。家事も得意なのだわ!

渡会ヒナミ(CV:飴川紫乃)

渡会ヒナミ

島の人に性対象の相手にされない悲しいぺったん娘。
何故か学校に出かける時にパイプ椅子を持っているが…?
先輩だけど、ロリ認定、愛称は「わたちゃん(先輩)」

畔美岬(CV:こはる凪)

畔美岬

存在感がない地味子。
たまに(稀によくあるのだが)おかしな方向に様子がおかしい。
割りと雰囲気ブレイカー。

ネタバレ無し感想

※あらすじ・体験版で公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

全ての要素に、ひたすらアダルトなアレソレを絡めてくる新機軸。
ハイテク要素に隠れて何か新種の言葉を色々と学ばされた気がする…w
まぁエロゲでしかできない事ですよね。

何て言うか、シナリオの謎の魅せ方がウマい。
ぶっ飛んでる表現に目がいきがちなんだけど、ちゃんと〆るとこは〆ると言うか。
作品の本質だけは見失わないように、こんな内容なのに、ちゃんと設計されてるのが恐ろしい。

ヒロインズもみんな個性バッチリでいい感じ。
その個性がかみ合って、日常のドタバタ感もさらに良い感じに。
さらに、そこにサブヒロインも絡んでくるのだが、うまく絡んで、またまた良い感じにまとめている。

相手(敵)側にも「気付いたら」永遠のライバルみたいになってる子がいて面白い。
悪ふざけしつつも内容に本気なゲームとしては、景の海のアペイリア以来の衝撃かも。
因みにアペイリア萌えゲーアワード2017 準大賞・コンセプトデザイン賞 受賞作品で、再プレイしたらまた触れるかもです。

で、ぬきたしに戻りますが、真面目に馬鹿をやって、でも緩急つけるとこでは泣かせにくる。
各ヒロインのルートで、違った展開になって飽きが来ない。
このシナリオ…このジャンルでしか出来ないシナリオですね。
素晴らしいです。

CGについて。
デフォルトのウインドウモードが1600*900ってあまり見かけないけど、フルスクリーンでも十分綺麗。
キャラデザも良い意味で独創性あると思うけど可愛い。うん、良いと思います。

BGMについて。
お洒落な感じとか、普通な感じとか、思わず聴き入りたくなる感じとか、環境音とか、色々取り押さえてます。
チープ感も無いし、十分かと。

システムについて。
バックログジャンプが無い…だと!?
それ以外はまぁ、無難です。

以下、軽微なネタバレあり。

ネタバレ有り感想

ルートによって、主人公のライバルになる敵側のキャラクター(サブヒロイン)が変わるのイイネ。
美岬では郁子、菜々瀬では生徒会長など。

ヒロイン各自の個性は各ルートでも、そうじゃなくても活かしつつ。
特に美岬さんは印象的で、ヒナミルートでいつの間にか他ヒロインの個性を吸い上げて真似するだけで、デブ認めてどすこーい!とか言ってる悲しい人になっておられるのが楽しいw

どのルートを通っても最終目的は文乃(通常の公式TOPでは未公開の真サブヒロイン)の奪還になる。
が、どのルートを通ってもそれぞれ違う展開になるので、本当面白い。
それぞれのルートでサブヒロインズの立ち位置も変わるので、ここも凝ってるなぁと

大方、各ルートにおいても仲間の役割自体はそこまで変わらないのに、
ここまで各ルートに変化を持たせたシナリオには脱帽です、マジで。

各ルートの話をまとめつつ、ここまでヒロイン、サブヒロインの個性を際立たせる作品は珍しい。
実家に住んでる方はヘッドホン付けてないと、おいそれとプレイできない程の喘ぎ声要素も素晴らしい(?)

笑いあり、涙ありのまさかまさかのシナリオゲーです。
私もプレイするまでは信じられなかったが、プレイした今は充足感がすんごい。

総評

プレイ時間:約27時間オススメ度:★★★★☆

発売してから時間経ったし、今さら感あるし、続編もあるし…
なんて思わず、是非とも今からでもプレイしてみて欲しい一作。
本当に笑いあり(ほとんどが笑いだが)、感動ありの謎の満足感を与えてくれる作品。
今なら1+2のパックを購入するのがオススメだけど、連続でプレイするとちょっと疲れるかも。
それだけが玉に瑕。

食わず嫌いの方にも自信を持って言える、間違いなく、オススメ作品です!
下記、FANZAでは1+2のパックのDL版も販売されているので、まだ未体験の方にはまとめてパック購入、即ぬきたし、オススメです!

詳細・購入

ダウンロード版
パッケージ版
1+2 ダウンロード版



人気記事(累計)

白刃きらめく恋しらべ 感想 レビュー
喫茶ステラと死神の蝶 体験版 感想
喫茶ステラと死神の蝶 感想 レビュー
あざスミ 〜あざとくてスミに置けない彼女〜 感想 レビュー【あざらしそふと×SMEEコラボ企画】
どっちのiが好きですか? 感想 レビュー【どっちのiも大好きです】
アイコトバ 感想 レビュー【あざらしそふと+1】
MUSICUS! 体験版 感想【絶望のからあげ】
【DMM GAMES 遊び放題】実際どうなの?全作品の中から25作品ピックアップしてみたよ!
【2019年発売作品】2019年度のおすすめエロゲランキング!
きまぐれテンプテーション 感想 レビュー【お手軽伝奇もの】

挿入画像 DMM GAMES.R18 より引用

コメント