★★★★★

さくらの雲*スカアレットの恋 感想 レビュー

さくらの雲*スカアレットの恋
百年の恋よ 萌え咲かれ

 

「さくらの雲*スカアレットの恋」の感想です。

 

製品概要

タイトル:さくらの雲*スカアレットの恋
ブランド:きゃべつそふと
原画:梱枝りこ
サブキャラクター原画:よねぞう
SD原画:しらたま
シナリオ:冬茜トム
発売日:2020年09月25日

 

あらすじ

+ クリック or タップで展開

2020年に生きる青年・風見司は、桜の木の下から100年前へタイムスリップを遂げてしまった。
――帝都・東京。
そこは新時代への希望に満ち、文化の華が咲き乱れた、輝かしき浪漫の都。

「初歩だよ、司。最後に残ったものが真実なんだ」

そんな帝都でひとり探偵事務所を営む謎の英国女性・所長。
日々金欠にあえぐ彼女のもとで、司は数々の事件に巻き込まれていき……?

枝分かれする彼の運命がたどり着くのは、果たして令和か大正か。

100年の時を超え──
今ここに、桜舞うレトロ・ミステリイの幕が開ける!

公式サイトより引用

 

「さくらの雲*スカアレットの恋」OPデモムービー

 

ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版などで公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

 

メーカーの前作(あまショコ)
ちょっと違う方向にいっちゃったので
シナリオ好きな層にとっては心配ではあったが、
シナリオに前々作、アメグレ冬茜トムが戻り、期待の一作となった。

 

関連記事

あまいろショコラータ
あまいろショコラータ 感想 レビュー【しっぽカフェへようこそ!】

続きを見る

 

舞台、世界観は100年前の日本。
大正時代なんだけどちょっとノスタルジー感じる程度で、
割りとすんなりと入っていけると思う。

 

主に所長と行動を共にするんだけど、
現金で中々面白い性格の所長のお陰で
導入としてはこの世界観でも違和感はないし、面白い。
しかもこの子、色んな声を出すので面白い。

 

主人公が現代人、舞台が史実に基づいた過去ということで、
史実にあるような名前もちらほら出てくるのが興味深い。
つまり、歴史に干渉するような事象もあるかも…?
詳細はプレイされたし。

 

その他、主人公とヒロインズ、
サブキャラとの会話も興味深いし、
中々にシナリオに引き込まれる。
シナリオ展開的に、メインはもちろん
サブキャラも無駄になるキャラが居ないのも良い。

 

序盤から色々な謎がまき散らされるので、
終盤それらがどうなるのか…
そういう興味を持って進められるゲームだと思う。

 

大体予想通り回収される伏線から、
まさかまさかの展開まで。
冬茜トムらしさがあるシナリオを楽しめる。
この作品は興味持った時点で買いです、本当。

 

CGについて。
立ち絵、背景、一枚絵、全て良い感じ。
月並みな表現だけど、そうとしか言えない。
ただ、会話中の表情の変化は少し乏しいかも。

Slider

 

BGMについて。
優雅な感じ、和風な旋律、
その他場にあった音楽、タイミング。
世界観を彩る仕事を十分にしている。

 

システムについて。
必要十分。不自由なしです。

 

こんな方におすすめ

  • 急転直下の展開が好き。
  • 良い感じのギミックがある作品が好き。
  • 史実に架空を入れた空想ものが好き。

以下、ネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

+ クリック or タップで展開

まとめるのがとても難しいのだけど。

 

ループ系の特権とも言うべきか、
都度展開の違う世界を繰り返す1本道のシナリオだったので
飽きずに最後までプレイ出来て良かった。

 

平行世界を扱った作品だけど、
どの枝でも記憶は引き継げない代わりに、
電報を使ったのは面白かった。
アララギこそがMVPか。

 

こちらが当たり前だと思ってる先入観と言うか、
固定観念を崩してくる伏線・回収はお見事だった。

 

また、純粋に1920年に紛れ込んだ「異物」
探してみるのも面白い楽しみ方だなと思う。

 

以下、印象に残った部分をつらつらと。

 

後半だけ少し考察含みます。
ちょっと長いけど…
よろしければお付き合いください。

 

3章、メリッサの心霊体験。

この騒ぎ、きちんと科学的に
解明してて良かった。
後々、メリッサルート入る時に、
この時にメリッサの気持ちは
ある程度出来上がってたんだなぁと。
どこの枝でも、基本的には共通は通ってるし。

 

メリッサの本格料理のくだりも
中々良いキャラしてたな。

 

4章、崩壊。

最後に遠子が怪盗を撃ち殺したのも、
後々分かる契約ってことで。
道を踏み外したことには変わりないけど
インパクトは凄かった。

 

個人的には、ここで遠子が銃を使ったことで、
10章で怪しい人物にリストアップしてしまった。

 

アララギとの出会いに関しても
煙の臭いとか火の粉って
そういう事だったのねって。

 

5章、呪いのヴァイオリン。

怪盗ヘイスト、浅見蘭花、遠子の関係。
この辺りがよくまとまっていた。

 

6章、ネフェルティティの左眼。

リーメイ加藤
前章に続き、人物の相関が
よく出来てると思う。

 

遠子ルートはここまでで
様々な謎は置き去りだけど、
流れはとても良かった。

 

ルート終わっても不知出家に
最後まで出番があるのは良かった。
まぁその辺はしかり、メリッサしかり、
更にはサブキャラもしかりで。
無駄がないよね。

 

遠子さん、清純かと思いきや
イキまくりでエロかったですね。
よきよき。

 

7章、狼バームクーヘン磁石。

主人公が初めて
自分は未来人だと打ち明ける場面は良かった。
は素直で良い子だねぇ。

 

バームクーヘン作りのくだりでは
さらっと万斎の有能さを出してたね。

 

8章、戀の唄。

ランドルフ君も歪みの一部だったのね。
状況的には加藤の歪みかね。

 

との告白シーンや
恋人になるまでの流れ、綺麗だった。
ルートは他より恋愛に特化してた印象。
自体が恋に恋する乙女的だったし。

 

しかし、この子もド淫乱化。w
遠子もそうだったけど、
H時は性格とのギャップがあって良いね。

 

9章、大正永久機関。

ナリゴンがここまできちんと
シナリオに関わるキャラだとは思わなかった。
こういうサブキャラ立てる構成、良いと思う。

 

加藤大尉の謎ぶりを
強調するようなシナリオだったかなと。

 

結果、ここでも多くの謎を残して終わるけど
「一蓮托生」なんて言葉で
主人公との関係を表現したのは良い演出だった。

 

10章、ミステリートレイン。

メリッサとは特殊な状況下における心情の動きからか
他2人よりは結構簡単に
肉体関係になったように感じるけど、
3章のくだりもあったし、まぁいっかって思った。

 

カヤノと茅野メリッサ、ね。
柳楽が犯人ってのも中々面白かった。

 

ここでもロジックがね、
ちゃんと組み立てられてるのが良い。

 

そこまでの主人公と柳楽
何でもないようないくつかのやり取りが
伏線になってたのも良い感じで。

 

最後の、
茅野メリッサの千里眼の力が本物って告白。
アララギが語った「異能者」だったわけね。
ここのBGMの演出も良かった。
ここのシーンは何度も繰り返し見てしまった。

 

いやー、「異能者」
加藤大尉だと思い込んでた。
終わってから思えば、ユーザーの先入観を睨んだ
シナリオ構成だっと思えるけど、さすがですね。

 

それだけに、この回収はゾクッとした。
この作品の中で一番印象的だったかも。
文字通り「俺の脳天をぶち抜いた」シーンだった。

 

外伝 桜花転輪。

アララギ視点。
外伝中はみんな紫オーラ纏ってるんだよね。
これは後に分かる歪みで。
なので、後に印象的になる外伝だったかな、と。

 

11章 桜、萌ゆ。

所長視点での振り返りってことで。
キャラの心情をこうやって
きちんと丁寧に描写してくれると
物語に入っていきやすいので良いね。

 

12章、未来を視る才女。

事務所に入る依頼は全て歪み関係。
本来は依頼の一件も入らないと言うのは笑った。
この辺りは所長らしいなぁと思えて。

 

ここでのメリッサ
10秒先の未来を視るのでやっとと言うけど、
じゃあメリッサルート
最後のあの力は何だったのだろう。

 

加藤の謀略を止めるように依頼してたけど…
主人公と結ばれた影響で歪みの影響を色濃く受けて、
力が強まったとか?
それとも、インパクト一発の演出だったか。

 

ところで、所長も主人公も
お互いに忙しくて離れている時の
気持ちの吐露が良かったね。

 

あらすじで
「枝分かれする彼の運命がたどり着くのは、果たして令和か大正か。」

 

なんて言ってたのに、桜雲2年っていつだよ!
ってなった。

 

メリッサの異能が本物って分かったシーンと
同じくらいに、色々と見逃してたな、
びっくりだなって、ひっくり返されたなって。

 

13章、桜の雲 スカアレットの恋。

この作品では2020年に第三次世界大戦が起こっている。
そして、主人公もそんな環境での犠牲者のひとり。
そんな折、大正にタイムスリップしたもんだから、
もう未来には戻りたくない。

 

だから、自分で歴史上起こったはずの事件を潰して、
ある意味平和な歪みを発生させていた…
ということなのね。

 

で、所長発案で、そんな未来を変える為に、
ここ大正でできることをやろうと。
もうね、こんなん惚れるでしょ誰でも。

 

出会いからずっと所長と一緒にいる枝だから、
お互いに惹かれ合っちゃうのも分かるよね、うん。

 

14章、タイムマシン。

主人公が何故この大正に来たか?
の軽い説明もあり。
まぁ納得はできる感じではあった。

 

加藤加藤の望む未来を作りたい。
主人公側の探偵一味も望む未来を作りたい。
ってことで、善悪の判断は難しいけど、
どちらにも大義名分はあるのがいいよね。

 

所長との恋愛事情だけど、
このルートだけはいつまで一緒に居られるか分からない…
即ち、主人公が未来に帰る道を選んでるのが良いよね。
所長の考えは一貫して変わらない。
受けた依頼は、誠心誠意尽くして可能なら達成する。

 

魔人が妖術使いではなく、
主人公より90年先の時代を生きる
ハイテクモンスターってのは良い設定だったと思う。

 

最終章、決戦。

加藤伏倉の子孫ってのは中々に良い設定だった。
逆転の要素として、序盤で触れた
親殺しのパラドックスを使ったのはとても素敵。
あれだけ用意周到だった加藤
万斎の恋愛事情、不衛生さだけは把握してなかったか?w

 

マイが「鬼が地震を起こしたなんて信じる間抜けがいるのは信じられない」
と言ったのも、1週目崩壊時への意趣返しか?
そう感じて面白かった。

 

所長だけは離別のビターエンドになって、
未来に繋がっていく展開も好き。

 

ただ、だからこそここで思うのは、
主人公が生きた桜雲2年という時代は
加藤が大正で何かを成し遂げた末に訪れた、
歪んだ時代だったんじゃないかなって。

 

そう考えると、所長の紫煙が舞う
一枚絵にしっくり来てしまうんだよね。
初出はシナリオの最初期だし。

所長(CV:猫田みけ)

 

本来所長もそこに居るべき存在ではなく、
加藤に引っ張られて来た。
(正確には師匠が別府の件を追っていたこと等より予想)

 

間接的だけど加藤の目論見に引っ張られた所長
紫煙(歪み)を纏っていたって解釈。

 

その後、主人公と関係することで
主人公との歪みも纏うが、
加藤の消滅と主人公の帰還で歪みも完全に消えた…的な。
ただの個人の予想なので、批判はヤメテクダサイネ。w

 

結果、この物語自体、
大正での加藤の行いで歪んでしまった桜雲という時代
正す為の物語だったんじゃないかなって。

 

加藤が消滅間際、アララギに対して
「大した歴史の修正力よ」的なことを言っていたし、
マリィは現在のコロナウィルスが
作中の令和でも存在するかのような発言をしているし。
主人公が帰還した世界が、リアルなんだよね。

 

もちろん、2110年に生きた加藤
実際の2020年の出来事を知っているはずだし。
加藤が最終的に何を成し遂げたかったかは
明確なところは私には見えなかったけども。

 

加藤のように独裁的ではなく、
チェリイ側のように手を取り合って生きていかないと、
こういう事(桜雲のような時代)になるかもよ…って
ライターからのメッセージなのかも。

 

結句。

主人公が架空の桜雲ではなく、
限りなくリアルな令和の時代に帰ってきて良かった。
大正の皆に感謝。

 

エンドロールで各キャラのその後を
簡潔に記してくれるの良かった。
主人公がイギリスに留学後、
二代目チェリイ探偵事務所を設立。
マリィが助手になるってのも良かった。

 

この後の、2代目事務所のFD出して欲しい…。
実は所長の残した、助手への
最後の謎かけがあったとかさ。

 

ただ、可能なら、最後までクリアした後、
任意の周回、任意の章から再開できれば良かったかも。
必ずしもいいとこでセーブ残してるとは限らないので。
不満点はそれくらい。

総評

プレイ時間:約24時間オススメ度:★★★★

タイムスリップものの作品として、
歴史、史実、ifの展開…
全てを内包し、まとめ上げたクオリティの高い作品。
間違いなく、2020年の作品ではベストの内のひとつに入ると思う。

 

CGやBGMのクオリティも良いし、
シナリオ重視の作品お探しの方にはぴったりかと。
考察系が好きな方にもおすすめできるけど、
シナリオをそのまま受け止める方にももちろんおすすめ!

 

\ 詳細・ご購入はこちら /

 

関連記事

あまいろショコラータ
あまいろショコラータ 感想 レビュー【しっぽカフェへようこそ!】

続きを見る

 

 

挿入画像 FANZA GAMES / 公式 より引用

-★★★★★
-, , , , , , ,

Copyright © エロゲは黄昏ない 2020 All Rights Reserved.