★★★★☆

ユキイロサイン 感想 レビュー

ユキイロサイン
ただ1つの季節を巡る日々の物語――

 

Wonder Fool「ユキイロサイン」の感想、ご紹介です。

 

製品概要

  • タイトル:ユキイロサイン
  • ブランド:Wonder Fool
  • 原画:うみこ
  • シナリオ:冬野どんぶく
  • ジャンル:恋愛アドベンチャー
  • 発売日:2021年3月26日

 

ユキイロサイン 感想

あらすじ

 

日本有数の豪雪地域にして日本有数の
低い人口密度を誇る南逢瀬町。

数十年ぶりの早い降雪に、何かが変わる予感がした。
だけど、本当に変わって欲しいのかは、本人にも分からない。

今年もあと2か月程度に迫った冬。
羽染宗冬の日常は、友人たちと共にあった。

ぶっきらぼうで、物静かで、わりとおっかないけど、
根は優しい幼馴染み、勿来美玖。

ロシアからやって来た臆病なお調子者留学生、
スヴェトラーナ・グルチェンコ(愛称:スヴェ)。

都会から転校してきた、
完璧に忘れ去られていた元幼馴染み高萩香子。

最もよき理解者で、最も近しい幼馴染み、薄広中。

これは日常という名の奇跡に彩られた、
決して長くはない時間の、
決して軽くはない時間の物語。

これからとこれまでのためのひと冬。
ただ1つの季節を巡る日々の物語。

公式サイトより引用

ユキイロサインOP

 

ネタバレ無し感想

※あらすじや体験版などで公開されている範囲はネタバレでないという認識です※

 

プロローグでの全体的に「奇跡を踏みしめて生きる」的な描写のあとに

 

  • 「奇跡なんてちゃちなものに頼るつもりなんてない」
  • 「奇跡なんかじゃ足りない」
  • 「奇跡以上のことが起きれば変わるかもしれない」

 

なんて、奇跡を軽めに扱う描写が各ヒロインの思考の中にあったので、
もうその時点でこれは良い感じなんじゃないかと思った。

 

内容的には青春って言うよりは、純愛のが近いのかなぁ…
限りなくリアルな世界で、リアルな恋愛で。

 

ライター的にアオナツラインの冬版かなぁって印象が先行してたんだけど、
青春的な感動はアオナツラインのが上かなって思う。
けれど、本作には冬ならではの良さってのはあったかな。

 

個人の好みで夏っぽいイベントが好きか、
冬っぽいイベントが好きかって部分なんだけどね。

 

スヴェのムードメーカーさ具合って言うか、良いキャラしてんねぇ。
幼馴染3人+異邦組み2人の組み合わせもバランス良いかなって思う。
ただ、共通ではスヴェが目立ち過ぎな感じも受けるかも。

 

とりあえず、作品のコンセプト通り、
リアルな世界でのリアル寄りな人間模様を楽しみたい人なら
十分に楽しめる作品かなって思う。

 

「普通の恋愛アドベンチャー」って言葉が誉め言葉になるような、そんな作品かなと。

 

CGについて

 

原画がうみこなので、雰囲気がとても良い。
可愛さもあるし、安定って感じかと。
イベント絵がいちいち可愛い。
アイキャッチも綺麗で良い感じ。
好みは少し分かれそうな絵柄でもあるけど。

 

BGMについて

雰囲気ものから陽気なBGMまで良い感じ。
「Dear」が好きだったかなー。
各ヒロインにテーマソングがあるのも良い点。

 

システムについて

必要十分。快適プレイです。

 

こんな方におすすめ

  • 良き青春を味わいたい人。
  • 等身大な、リアルな物語が好き。
  • 演出が良いゲームを探している。

以下、ネタバレあり。

 

ネタバレあり感想

 

以下、共通と攻略順。

 

設定を見ると、留学期間という時限があるスヴェがムードメーカーなのが良いし、
元幼馴染の過去がある香子ってのもいいね。

 

幼馴染って立場ながら、共通では美玖が一番心情が見えてこなかったかなー。
その共通だけど、特に面白い事は無いんだけど、キャラの個性をよく描いてたなって思う。
シナリオ≠キャラの微妙な匙加減のゲームなので、それは良かった点だけど。

 

キャンプイベントなんかもあって、最近のトレンドを押さえてる感じはGOOD!

 

以下攻略順。

 

「その時点では知らなかった事」に関する感想も含まれてます。

 

高萩 香子(CV:実羽ゆうき)

のクレイジーサイコレズさが中々に良い味出してるね。
最後の方のデレ具合も良かったね。

 

付き合うまでの過程に無理が無くて、
何か自然だなぁって思える展開は良かった。
そこに至るまでの時間はもちろん短いんだけどね。
魅せ方が上手なのかな。

 

二人の関係が変わったことについて、
周りは「寂しいけど悪くない」って言ってたのが印象的だったかな。
特に美玖は何か色々ありそうだから…
何か…すごいリアルで。w

 

まとめると色々な葛藤はありつつ、
クレイジーサイコレズに終始したシナリオだったかな、と。w

 

主人公と香子との関係というよりは、
香子と他ヒロインズとの関係性が尊い感じだったかなって思う。

 

スヴェトラーナ・グルチェンコ(CV:北大路ゆき)

表情豊かで可愛いな、と。
愛すべきポンコツってイメージがぴったり。

 

天真爛漫なキャラに反して、ルートではシリアス寄りか?
と思ったけど、そこまででもなかったね。

 

このルートでもクレイジーサイコレズは健在かよ!と。
何か香子ルートよりこっちの方が可愛い感じになってるし。w

 

スヴェに負けじとやる気を出す主人公。
その気持ち分かるなぁと思いつつ、広中の心の広さにも感謝しつつ。
何だか感情移入しちゃったなぁって思ってた。

 

広中マジで良いやつだなーと思う。
青春ものに欠かせない、良い親友だね。

 

このルートでも、美玖は良い人だね。
悲しいほどに。

 

美玖柊佳の関係性も良かったね。
やっぱりお姉ちゃんは偉大って感じで。

 

ここでもやっぱ、主人公とスヴェとの関係というよりは、
スヴェと他ヒロインとの関係性が尊い感じだったかなって思う。
香子ルートで感じたことと一緒だ。w

 

勿来 美玖(CV:猫村ゆき)

正統派黒髪美少女。
うん、可愛い。

 

美玖スヴェの関係性が面白いな、と。
というかスヴェの完成されしポンコツが面白い。w

 

美玖は元カノ枠なのね。
それも、何か事情が込み合ってそうな感じ。
そう考えると、他のルートでの言動も納得できるかなぁって。
スヴェ香子なら良いけど、姉だけは駄目。
続きが気になる良い流れだなぁと。

 

広中から美玖と主人公の昔話を聞く場面での
地雷を踏んでた香子、何かめっちゃ可愛かったな。w

 

クレイジーサイコレズはここでも健在で。
全編において、貫き通したね…w

 

何か色々ありつつも、美玖が主人公大好きなのは凄い伝わる。
ほっこりするわ。

 

美玖と結ばれた翌日?の柊佳のメッセージラッシュは笑った。
あー、こういうのもリアルでもきっとあるよねって思えるし。

 

広中の、主人公との関係性を考える描写も良かった。
この辺りは、良き青春と繋がるかな、と。

 

このシナリオでは広中がゴネるけど、
基本的には良い奴だし、青春の1ページって感じがしたよね。
それが主題のひとつになるってのは、
良い意味でエロゲらしくない展開だったかなって。

 

美玖と主人公、そして主人公と広中の関係性。
青春してたなぁって思う良い話だった。

 

にゅ~

この犬、マジで人語を理解して、スヴェは犬語を理解してたんじゃなかろうか…?w

 

うー婆

存在がラスボス過ぎた。
このキャラクターを中心に、何かひとつエピソードがあったら面白かったかも?

 

全体的に、群像劇と言うには少し物足りなかった印象。
すごく雰囲気の良い作品だとは思うけどね。

ユキイロサイン 感想 総評

 

プレイ時間:約20時間オススメ度:★★

魔法やファンタンジー要素は一切なく、
リアルな人物関係、恋愛要素を楽しみたいならオススメ!
世界観もTHE・冬なので、冬ものが好きな方にも合うかなって思う。

 

アオナツラインほどではないと個人的には思うけど、
マジでリアルな青春・恋愛要素を持つ作品としてはオススメです!
是非ともアオナツラインもどうぞ!

 

以上、ユキイロサインの感想でした!

 

関連記事

アオナツライン
アオナツライン 感想 レビュー

続きを見る

 

728_90

 

挿入画像 FANZA GAMES より引用

-★★★★☆
-, , , , , ,

© エロゲは黄昏ない 2019